溶接跡がある鉄製のアンカープレート50台を無電解ニッケルメッキ

無電解ニッケルメッキした鉄製のアンカープレート

加工内容

■素材
■メッキの種類
無電解ニッケルメッキ
■メッキの研磨工程
なし
■素材の性質
耐食性・浸食性
■地域
八尾市
■業界
金属加工メーカー
■使用用途
アンカープレート
■製品のサイズ
265mm×125mm
■数量
1ロット 50台

今回の加工事例

今回は、以前から取引をさせていただいている八尾市の金属加工メーカー様からのご依頼で、鉄製のアンカープレートに無電解ニッケルメッキを行った事例です。

 

このアンカープレートの案件は、金属加工メーカー様が新規の仕事として受注されたとのことで、アンカープレートへの無電解ニッケルメッキ加工についても、植田鍍金が無電解ニッケルをやっているのは知っていたため、ご依頼がありました。

また、金属加工メーカー様からはこれまで、研磨のご依頼ばかりでしたので、今回が初めての無電解ニッケルメッキの案件です。

 

溶接の跡がある鉄製のアンカープレートに前処理を施して無電解ニッケルメッキ

お客様からお預かりした鉄製のアンカープレートは溶接されていたため、その溶接の跡が残っている状態でした。

この溶接跡がある状態でメッキ処理を行っても、密着不良を起こ可能性がありますので、植田鍍金では今回のアンカープレートのように、溶接跡がある製品に対しては、無電解ニッケルメッキでの加工を行う前に、前処理を施しています。

このような前処理については、事前に説明させていただくこともありますが、お客様のご要望は希望の納期で仕上げられることでしたので、無電解ニッケルメッキ加工の詳細については植田鍍金にお任せていただいていました。

 

安定した無電解ニッケルメッキの品質で短納期にも対応

お客様の希望される納期が短納期だったため、「植田鍍金で対応できますか?」と相談がきました。

また、溶接跡が残っているアンカープレートでも、密着不良を出すことなく、3日で50台を納品しています。

50台を3日という短納期のご要望に対応したこともあってと思いますが、その後もこのアンカープレートについては、継続的にご依頼をいただいていて、最初のご依頼から1週間で3回、その後も1週間ごとにご依頼をいただいています。

さらに、アンカープレートはまだ150台程あるとのことで、お客様の生産が追いついていない状態のようですので、今後も案件として継続し、トータルで300台になる見込みです。

 

これまで、研磨のご依頼でのお取引は10年近くあり、以前は、無電解ニッケルメッキ以外のメッキのご依頼がありました。

しかし、最近は鍍金のご依頼がなくなっていましたが、お客様ご自身も久しぶりにメッキ加工が必要となったタイミングで植田鍍金に声をかけていただけたのは、これまでの仕事からの信頼ではないかと考えています。

 

鉄製のアンカープレートへの無電解ニッケルメッキについてご相談は植田鍍金へ

ギャラリー

お問い合わせ

ご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ