鉄製のバネをこれまでの経験を活かしてニッケルメッキ 大阪市

重ならないように並べてニッケルメッキした鉄製のバネ

加工内容

■素材
■メッキの種類
ニッケルメッキ
■メッキの研磨工程
なし
■素材の性質
装飾性・耐食性
■地域
大阪市
■業界
スプリングメーカー
■使用用途
バネ
■製品のサイズ
外径16.5mm×14mm
■数量
1ロット 350個

今回の加工事例

今回のご依頼者は、ホームページからお問い合わせをいただいたバネの製造メーカー様です。

「鉄製のバネにニッケルメッキできますか?」

とのお問い合わせでしたが、もともと鉄製のバネへのニッケルメッキを依頼していた会社があったようです。

しかし、新しいメッキ加工会社を探すことになりインターネットで探していたところ、植田鍍金のことを知ったとのことでした。

 

これまでの経験を活かして鉄製のバネをニッケルメッキ

お客様からのご依頼は、鉄製のバネ350個へのニッケルメッキでした。

1ロットあたりの個数も問題なく、納期までの期間が迫っているような状況でもない、通常のご依頼でしたが、植田鍍金ではこれまでにバネへのニッケルメッキの経験があったため、見積もりの段階からお客様であるバネ製造メーカー様にも安心してもらえる状態で進めることができました。

バネのような形状でも、球状や板状のものへのニッケルメッキと同じようにメッキ処理しています。

 

バネが重なってメッキ不良にならないようにニッケルメッキ

バネへのニッケルメッキについては、案件としてあまりありませんが、メッキ加工を行う際に注意しなければならない点もあります。

 

  • バネが重なってメッキ不良になる

 

メッキ加工を行う際に、バネ同士が重なってしまうことがあります。

重なっている部分があると当然、メッキがつかず、メッキ不良となってしまうため、手作業で取り外す必要があります。

このような作業は当たり前ですが、当たり前のことを丁寧に行うことも大切です。

難しい処理が必要だったり、特殊な工程があるわけではありませんが、これまでの経験やノウハウでメッキ不良を出さずに、納品させていただきました。

 

1,000個単位の多ロットでも対応可能な鉄製バネのニッケルメッキ

今回の鉄製バネ350個へのニッケルメッキは、1週間で納品させていただきました。

ご依頼の案件は、1ロット350個でしたが、1ロット1,000個など多ロットでのご依頼の場合でも約2週間くらいで対応させていただくことが可能です。

 

お客様のバネ製造メーカー様からは、今回の外径16.5mm×14mmの鉄製バネ以外にも、大きいサイズのバネへのニッケルメッキのご依頼も受けています。

植田鍍金では、これまでのバネへのニッケルメッキの経験を活かして、 ロット数が多い場合でも、サイズが大きなバネでも、対応させていただいていますので、一度ご相談いただければと思います。

 

鉄製のバネへのニッケルメッキについてご相談は植田鍍金へ

ギャラリー

お問い合わせ

ご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ