別の製品で使用した治具を汎用して鉄製キャップのニッケルクロムメッキ

過去に作製した治具を汎用してニッケルクロムメッキした鉄製キャップ

加工内容

■素材
■メッキの種類
ニッケルクロムメッキ(三価)
■メッキの研磨工程
なし
■素材の性質
装飾性・耐食性
■地域
松原市
■業界
金属加工メーカー
■使用用途
キャップ
■製品のサイズ
径50mm×30mm
■数量
1ロット 500個

今回の加工事例

今回は、鉄製のキャップに三価クロムを使用してニッケルクロムメッキ加工を行った事例です。

ご依頼の金属加工メーカー様は、5年ほど前に無電解ニッケルメッキでの相談でホームページからお問い合わせがあり、そこから取引が始まりました。

その後も取引を継続させていただく中で、三価クロムでのニッケルクロムメッキでのご依頼もいただき、対応しました。

 

鉄製のキャップのニッケルクロムメッキで 過去の治具を汎用して対応

鉄製のキャップを三価クロムでニッケルクロムメッキ加工する際に、治具を使用することにしましたが、その際にお客様の金属加工メーカー様に確認し、キャップの内側に治具跡が残ることについては了承をいただきました。

ただ、今回の案件のために治具を新たに作ると、その分コストが掛かってしまいます

そこで、植田鍍金で以前、別の案件で使用した治具を使用して、ニッケルクロムメッキ加工を行いました。

内側に治具跡が残っても問題なかったこともあり、治具を汎用しても特に難しいところはありませんでしたが、今回のような対応ができたのも、植田鍍金で以前使用していた治具が今回のキャップでも使用でき、お客様のご要望も満たしたメッキ加工ができたためです。

 

その他にも、三価クロムでのニッケルクロムメッキ加工を行う際には、鉄製キャップの前処理にも注意を払って、メッキ不良が起こらないように丁寧に行いました。

 

お客様のご要望によりニッケルクロムメッキした鉄製キャップの段階的な納品にも対応

お客様からのご要望により、鉄製キャップ500個のうち、最初の数十個は短納期で納品し、残り400個程度は1週間で納品しました。

最初の数十個のご依頼は、4年ほど前の案件でも同じようなことがあり、お客様の在庫がなくなったためと考えられますが、このような段階的な納品にも対応することが可能です。

 

今回、お客様のお声などはいただいていませんが、今回のキャップ以外にも5年前の最初の無電解ニッケルメッキの依頼から、三価クロムによるニッケルメッキへとメッキの種類を変えてもご依頼いただけているのが、お客様から信頼の証と考えています。

 

また、 植田鍍金ではこれまでにいろいろな製品へのメッキ加工を行ってきた経験と治具があるため、幅広いご要望にお応えできると思いますので、新たに治具を作るコストに悩まれている方はぜひご相談ください。。

 

鉄製キャップで治具を使用した三価クロムによるニッケルクロムメッキについてのご相談は植田鍍金へ

ギャラリー

お問い合わせ

ご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ