真鍮製部品のニッケルクロムメッキ(三価)|同業者からのご依頼に対応

コックジョイント

加工内容

■素材
真鍮
■メッキの種類
ニッケルクロムメッキ(三価)
■メッキの研磨工程
なし
■素材の性質
装飾性・耐食性
■地域
大阪市
■業界
同業社
■使用用途
コックジョイント
■製品のサイズ
外径20mm×18mm
■数量
1ロット 3000個

今回の加工事例

今回は、真鍮製コックジョイントに三価クロムを使用してニッケルクロムメッキを行った事例です。

ご依頼は、従来から取引のあるメッキ処理の同業者さんからで、半年に1回のペースで1ロット3000個ほど継続的にお取引頂いています。

同業者から依頼がきた理由はニッケルクロムメッキの技術力

「なぜメッキ処理の同業者から依頼があるの?」と思われる方もいらっしゃることかと思います。

ニッケルクロムメッキは、特に装飾性の高いメッキ処理方法として知られていますが、メッキ処理業者の中でも取り扱っている業者は決して多くはありません。

こちらのお客様は、5年程前にはじめて、「自社ではニッケルクロムメッキ処理ができないため対応してほしい」と、他部品でのご依頼がありました。

安全性の高い三価クロムを使用したニッケルクロムメッキの技術力や、本来付き回りの悪い金属クロムであっても求める品質に応えられていることが、同業種であり技術についてよくわかっていらっしゃるメッキ処理会社様から、継続的にご依頼頂けている理由かもしれません。

ニッケルクロムメッキ(三価)で理想の色味を提供

本来でしたら、サンプル品や設計図面を頂いて求める品質がご提供できるかテストした上で正式にご依頼を頂く流れとなっています。

ただ、こちらのお客様は長年よい関係で取引をさせて頂いていており、すぐに真鍮製コックジョイントのニッケルクロムメッキ処理をご注文頂きました。

注文にあたって、事前に製品の色味だけ問題がないかチェックして頂きましたが、問題ないとのご返答。

その後は、納入頂いている真鍮製コックジョイント自体、特に難しい商品ではなかったため、通常通り、脱脂処理などの前処理を丁寧に行い、三価クロムにてニッケルクロムメッキ処理を行いました。

装飾性を求めて行われるニッケルクロムメッキ処理は、色目が重要な品質のひとつになりますが、これまでのところ、ご納得頂きながら商品を納品しています。

ニッケルクロムメッキ(三価)の処理も短納期で対応|鉄・ステンも同品質で納品できます

今回の真鍮製コックジョイントのニッケルクロムメッキ処理は注文から1週間以内の納期にて対応させて頂きました。

同等の商品で1ロット3,000個程度であれば、同様に注文から1週間程度で納品可能です。

また、真鍮製の部品だけでなく、鉄製やステンレス製など素材が変わったとしても、上記画像と同様の色目で仕上げることができます。

メッキ加工業者様をはじめ、さまざま素材でのニッケルクロムメッキ処理にお困りの方は、ぜひ植田鍍金工業まで一度、ご相談ください!

ギャラリー

お問い合わせ

ご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ