鉄製送りシャフトに無電解ニッケルメッキを行った事例|約1週間で60本

加工内容

■素材
■メッキの種類
無電解ニッケル
■メッキの研磨工程
なし
■素材の性質
耐食性・均一性
■地域
大阪府東大阪市
■業界
金属加工メーカー
■使用用途
送りシャフト
■製品のサイズ
径32mm×185mm
■数量
60本

今回の加工事例

今回は、長い間装飾ニッケルクロムや無電解ニッケルのメッキ、研磨などの依頼でお付き合いのある金属加工メーカー様からのご依頼で、『送りシャフト』に無電解ニッケルメッキを行った事例です。

 

ご依頼主様は無電解ニッケルメッキをご希望

今回のご依頼主様は、送りシャフトへの無電解ニッケルメッキをご希望でした。

無電解ニッケルメッキは、複雑な形状のものにも均一の膜厚でメッキを行うことができ、電気メッキよりも耐食性・密着性に優れているのが特徴です。

様々な素材にもメッキ加工を施すことが出来るため、無電解ニッケルメッキをご希望される方も少なくありません。

今回は「無電解ニッケルメッキでお願いします」と指定があり、お応えいたしました。

 

メッキ加工の前工程として、焼き入れの跡を入念に除去

今回無電解ニッケルメッキを行った送りシャフトは、焼き入れの入っている部品だったため、前工程としてしっかりと焼き入れ跡の除去を行いました。

焼き入れ跡の除去を行っていないと「無メッキ状態」になってしまい、メッキ加工の意味がなくなってしまうからです。

焼き入れが入っている物に関しては、焼き入れ跡が残っていないか、必ずその確認を行っています。

 

約1週間で、60本の送りシャフトを納品

焼き入れ跡の除去工程も含めて1週間で無電解ニッケルメッキを行い、60本の送りシャフトを納品できました。

当社『植田メッキ』では、メッキ加工を行うにあたり、膜厚の指定なども可能な限り承っております。

こちらから推奨膜厚のご提案も行っておりますので、不明な場合でもお気軽にお問い合わせください。

鉄製品に無電解ニッケルメッキを行える業者をお探しでしたら、大阪の『植田鍍金工業』にご相談ください!