「ケーブルフランジ」に無電解ニッケルメッキ加工を施した事例 | 大阪市

ケーブルフランジ

加工内容

■素材
■メッキの種類
無電解ニッケルメッキ 5μ
■メッキの研磨工程
なし
■素材の性質
耐食性・均一性
■地域
大阪市
■業界
金属加工メーカー
■使用用途
ケーブルフランジ
■製品のサイズ
径16㎜×45㎜
■数量
180個

今回の加工事例

金属加工メーカー様から「ケーブルフランジ」への無電解ニッケルメッキ加工のご依頼

ご紹介するのは、3年ほど前からご依頼いただいている金属加工メーカー様です。

当社の取引先様からご紹介されたメーカー様で、今回はこの商品に関しては初めての無電解ニッケルメッキ加工です。

「ケーブルフランジ」に膜厚5μ±1μで、無電解ニッケルメッキ加工を行う

今回のケーブルフランジには、膜厚5μで無電解ニッケルメッキ加工を行いました。

膜厚の誤差は±1μでメッキしています。

無電解ニッケルメッキでは、下記2つのことを徹底しています。

  • 温度管理
  • 薬品管理

これらをシッカリと徹底して管理しているため、指定の膜厚に仕上げることができます。

1ロット180個のケーブルフランジを約1週間で納品

ご依頼段階からお客様からのご注文の通りに納品を実施し、特に問題なく納品いたしました。

今回のケーブルフランジは、1ロットで180個と少量で、約1週間程度の納期です。

当社ではこのような部品の無電解ニッケルメッキ加工でしたら、1週間で1,000個以上の納品が可能です。

大阪市で無電解ニッケルメッキ加工を必要とされている企業様は、植田鍍金工業までご相談ください。